ID/PASS,アカウントの管理

利用するオンラインサービスの数が増えてくると煩わしくなるのがIDとPASSの管理。同じIDとPASSを全てのサービスで使用すれば別段、苦労はないですが、どこかから情報が外部に漏れてしまうと利用している全てのサービスに進入されてしまいます。

特にMMOではアイテムや通貨と現実のお金を売買するRMTと呼ばれる行為が存在しますので、金銭目的で他のMMOにも手当たり次第にログインを試みることが多いようです。




どうやって情報が漏れる?

まずはどういった方法で情報が外部に漏れてしまうか知っておきましょう。


・ウイルスやスパイウェアから漏れる

一番被害が多いのがこのパターンでしょう、中でもキーロガーと呼ばれるスパイウェアはキーボードの入力情報を丸々外部へ送ってしまう厄介な代物です。MMOの情報サイトやWikiにキーロガーが仕込まれてて大量の被害者が出たタイトルもありました。



・運営会社から漏れる

運営さんなら大丈夫!そう思っていた時期が私にもありました・・・。最近は被害に遭う運営が増えてます、ユーザーは処置に従うしかないのがつらいですね。



・身近な人に教える

家族や友人、信頼できる人でも教えない方がいいと思います。トラブルが起きて関係がギクシャクしたり、第3者に伝わることもあります。家族にID/PASSを知られていたせいで数年続けていたMMOのアカウントを削除された、なんて話も海外でありました。



これらの被害から身を守るには、パソコンのセキュリティを最新に保つ、怪しいサイトやURLを踏まない、人に教えない、この3つに気をつけていればID/PASSが漏れる確立はかなり抑えられます。

しかし、自己防衛でどうにもならないのが運営会社からの漏洩です、これの被害を抑えるには、ID/PASSを個別に設定するのが効果的です。





ID/PASS情報の保管方法

ID/PASSを個別に設定する際、利用するオンラインサービスが2つ3つなら覚えておくこともできますが、10や20になると流石に厳しいものがあります。そうなると何かに記録しといて必要な時に確認できればいいですね。ここでは誰もが思い浮かぶ、2つの記録方法について考えてみます。


●パソコンに記録、保存

  • ID管理ツールを使えば簡単に、見やすく管理できる
  • パソコンを共有してる人は記録ファイルにパスかけるか非表示にする
  • セキュリティ面に十二分に気をつける
  • HDDが壊れると見れなくなるのでバックアップを取っておく



●紙に記録、保存

  • 壊れることがない
  • ハッキングなどで盗み見られることがない
  • 紛失こそ最大の敵

なんて書きましたが、本当は記憶媒体に書き写しておくのは良い事ではありません、オンラインサービスのサイトでもセキュリティの観点からID/PASSをデータとして残さないで、という解説をよく見かけます。ID/PASSを忘れたら運営会社のサポートを利用して、再設定なり教えてもらうなりできますが、その場合は基本的に登録時のメルアドが必要になり運営会社から情報が漏洩すればメルアドの情報も漏れる可能性があり、メールを盗み見られることから発生する二次被害を最小限に抑えるためにサービスごとにメルアドを用意したり、と考え出したらキリがありません。

結局100%安全な防衛手段はないので自分が信じられる手段で自己防衛するのが最も効果的かと思います。私は冊のノートにまとめて鍵付きの引き出しに入れてます。怖いのは災害、盗難くらいでしょうか。ネットに繋いでるパソコンにはとてもじゃないけど怖くて置いておけません。